Debian10にSambaをインストールして設定する方法

Sambaは、Linuxシステム上のネットワークでWindowsのようなファイルとプリンターの共有を可能にする強力なオープンソースツールです。 これにより、同じネットワーク上でLinuxマシンとWindowsマシンの共存と相互作用が可能になります。 共有するファイルをホストするLinuxサーバーにインストールされます。 これらの共有ファイルには、同じネットワーク上の許可されたLinuxまたはWindowsクライアントからアクセスできます。

この記事では、DebianシステムにSambaサーバーをインストールして設定する方法について説明します。 また、LinuxまたはWindowsマシンからこれらの共有ファイルにアクセスする方法についても学習します。

この記事に記載されているコマンドと手順を実行するためにDebian10を使用しました。 ただし、コマンドと手順は、他のLinuxディストリビューションでもほぼ同じように機能します。

Debian10へのSambaのインストール

DebianOSでターミナルを起動します。 デスクトップの左上隅にある[アクティビティ]タブに移動します。 次に、検索バーにキーワード「ターミナル」と入力します。 検索結果が表示されたら、ターミナルアイコンをクリックして開きます。

ターミナルで、次のコマンドを入力してSambaサーバーをインストールします。

$ sudo apt install samba

それはあなたに提供することによって確認を求めるかもしれません Y / n オプション。 打つ Y インストールプロセスを続行すると、Sambaがシステムにインストールされます。

インストール中に、DHCPのWINS設定を使用するかどうかを尋ねられる場合があります。 サーバーが静的IPアドレスを使用している場合は、[いいえ]を選択します。

SAMBAのインストールを確認する

インストールを確認するには、sambaサービス「nmbd」のステータスを確認します。 このサービスは、Sambaのインストール時に自動的に開始されます。

$ sudo systemctl status nmbd

sambaサーバーがインストールされ、正常に実行されている場合は、 アクティブ(実行中) 状態。

サービスが自動的に開始されない場合は、次のコマンドを実行して手動で開始します。

$ sudo systemctl start nmbd

Sambaの構成

Sambaサーバーのインストールが完了したら、次に構成します。 samba構成ファイルsmb.confは、 / etc / samba ディレクトリ。 このファイルでは、共有するフォルダーとプリンターを、それらのアクセス許可と操作パラメーターとともに指定します。 Sambaは、一定時間後に構成ファイルを確認し、変更を更新します。

以下の手順に従って、構成を実行します。

ステップ1: Sambaを介してファイルを共有するためのディレクトリを作成します。 このディレクトリは、共有する必要のあるファイルを保持します。 次のコマンドを実行して、ルートディレクトリの下に新しいディレクトリを作成します。

$sudo mkdir / samba

ステップ2: 次に、構成ファイルsmb.confを編集する必要があります。 構成ファイルを編集する前に、必ず同じディレクトリまたは別のディレクトリにこのファイルのバックアップを作成してください。 次のコマンドを実行して、smb.confファイルのバックアップを作成します。

$ sudo cp /etc/samba/smb.conf〜/ Documents smb_backup.conf

このコマンドは、〜/ Documentsディレクトリにバックアップを作成します

ステップ3:Vim、Nano、Geditなどのテキストエディターを使用して元の構成ファイルを編集します。 ここではNanoエディターを使用しています。

$ sudo nano /etc/samba/smb.conf

smb.confの一番下までスクロールして、次の行を追加します。

[samba-share]

コメント= Debianパス上のSamba = / samba読み取り専用=閲覧不可=はい

どこ

  • [samba-share] =サンバシェアの名前
  • コメント=共有の簡単な説明
  • Path =共有ディレクトリのパス。
  • 読み取り専用=共有ディレクトリを読み取り可能に設定
  • 閲覧可能=共有リストに共有を含めるかどうか

Samba構成ファイルを編集する

完了したら、を押します Ctrl + Oおよび Ctrl + X 同時にファイルを保存して終了します。

ユーザーアカウントの設定

次に、sambaのセットアップユーザーアカウントが必要になります。 Sambaユーザーはシステムユーザーである必要があるため、 / etc / password ファイル。 ユーザーがまだ存在しない場合は、最初にユーザーを作成する必要があります。 それ以外の場合は、次の構文を使用してターミナルでコマンドを実行し、ユーザーの新しいパスワードを設定します。

$ sudo smbpasswd-ユーザー名

Sambaサービスを再起動します

すべての構成とユーザー設定が完了したら、ターミナルで次のコマンドを実行してSambaサービスを再起動します。

$ sudo systemctl restart smbd.service

LinuxマシンからSamba共有を接続する

コマンドラインを使用する

LinuxコマンドラインからSamba共有に接続するには、Sambaクライアントをインストールする必要があります。 コマンドラインからsamba共有を接続するのに役立ちます。

ターミナルで次のコマンドを実行して、Sambaクライアントをインストールします。

$ sudo apt install smbclient

インストールしたら、次の構文を使用してSamba共有に接続します。

$ sudo smbclient //[IP_address or Host_name]/ share_name –U samba_user

どこ

  • [IP_address or Host_name] SambaサーバーのIPアドレスまたはホスト名です
  • [share_name] Samba共有ディレクトリの名前です
  • [samba_user] 共有にアクセスできるユーザーの名前です

ターミナルでコマンドを入力すると、パスワードの入力を求められます。 パスワードを入力してEnterキーを押すと、sambaCLIが表示されます。 CLIでサポートされているコマンドを表示するには、helpと入力してEnterキーを押します。

GUIを使用してSamba共有にアクセスする

グラフィカルユーザーインターフェイスを介してSamba共有にアクセスするには、ファイルマネージャーを開きます。 ファイルマネージャウィンドウの下部に、 サーバーに接続する オプション。 アドレスバーに、Sambaサーバーのアドレスを次の形式で入力し、[接続]をクリックします。

//[IP_address or Host_name]/ share_name

LinuxデスクトップからSamba共有にアクセスする

次のウィンドウが表示されたら、ラジオボタンを選択します 登録ユーザー と Enter それぞれのフィールドのユーザー名とパスワード。 WORKGROUP環境にいる場合は、 ドメイン デフォルトとしてフィールドをクリックし、 接続

Enter  ユーザー名、ドメイン、パスワード

これで、Sambaサーバー上の共有ファイルにアクセスできるようになります。

LinuxでのSamba共有

方法2:WindowsマシンからSamba共有を接続する

Windows OSでは、 走る ユーティリティは主に、ネットワーク経由で共有ファイルにアクセスするために使用されます。 実行ユーティリティを開くには、次を使用します Windowsキー+ R ショートカット。 ユーティリティが開いたら、Samba共有アドレスを次の形式で入力してクリックします わかった。

[IP-address][share_name]

WindowsをSamba共有に接続する

Sambaユーザーパスワードを入力するように求められます。 パスワードを入力してクリック わかった

ログイン認証情報

これで、Windowsマシン上のSamba共有ファイルにアクセスできるようになります。

Windows10でのSamba共有

この記事では、Debian10システムにSambaをインストールする方法を学びました。 また、共有ディレクトリにアクセスするためにLinuxおよびWindowsマシンからSambaサーバーに接続する方法も学習しました。