IntelliJ IDEA2017.2.5が新機能と修正でリリースされました

JetBrains IntelliJ IDEA java ideは昨夜2017.2.5リリースに到達し、いくつかの新機能とさまざまなバグ修正が行われました。

IntelliJ IDEA 2017.2.5リリースのハイライト:

  • プレーンJDBC開発者に「データベーススキーマからクラスを生成する」ことを許可する
  • 戻りタイプがjava.lang.Voidの場合、「 ‘null’の戻り」を無視できるようにします
  • 推移的な依存関係を除外するオプションを追加
  • 正確な座標が指定されている場合、Mavenライブラリの検索を高速化します
  • UI、Javaのさまざまな修正。 検査、タスク管理、データベースのインポート/エクスポート。
  • そして、 リリースノート 多くのための。

UbuntuにIntelliJIDEAをダウンロード/インストールします。

JetBrainsは、以下のリンクからダウンロードできる公式のLinuxバイナリを提供しています。

Linux用のIntelliJIDEAをダウンロードする

これは非インストールのtarballであり、実行するだけで、「idea.sh」ファイルを実行してIDEを起動します。

InteliJIDEAを/ optにインストールして、アプリケーションショートカットを自動的に作成したい場合は、debをダウンロードしてください。

intellij-idea-community(.deb)

intellij-idea-ultimate(.deb)

次に、ターミナルを開き(Ctrl + Alt + T)、次のコマンドを実行して依存関係をインストールします(必要な場合)。

sudo apt-get install libc6-i386 lib32stdc++6 lib32gcc1 lib32ncurses5 lib32z1 lib32z1-dev unzip wget

そして、JetBrains Webサーバーからソースを自動的にダウンロードしてシステムにインストールする.debをインストールします。

sudo dpkg -i ~/Downloads/intellij-idea-*.deb

インターネット接続によって異なりますが、ソースtarballのダウンロードには数分かかります。

アンインストール:

IDEを削除するには、次のコマンドを実行します。

sudo apt-get remove --autoremove intellij-idea*