Linuxシェルでランダムパスワードを生成する8つの方法

ユーザー名とパスワードでサービスを認証するときに強力なパスワードを設定することは非常に重要です。 場合によっては、アカウントまたはサーバーを保護し、データを安全に保つ必要があります。 強力なパスワードには、文字やアルファベットに小文字/大文字を使用する場合と同様に、14文字以上のバリエーションが必要であるとよく言われます。 ほとんどの場合、長いパスワードは取得が難しいため、短いパスワードよりもはるかに安全であると考えられています。 このチュートリアルでは、Linuxコマンドラインから強力なパスワードを生成する多くの方法を紹介します。 Linuxコマンドラインを使用して、十分に安全な強力なパスワードを作成するためのさまざまな方法を見ていきます。 コマンドラインからより強力なパスワードを生成する必要があるため、すでに利用可能なさまざまな方法とユーティリティがあります。 多くの方法について説明します。必要に応じて、パスワードを生成する方法を選択できます。

OpenSSLを使用したパスワードの生成

Linuxには、Linuxコマンドラインのパスワードを作成および生成するためのいくつかの方法があります。 最初に試しているのは、OpenSSLを使用することです。 以下は、この目的のために従う必要のある手順です。

ステップ1:まず、Ubuntuランチャーをクリックしてターミナルを開き、ターミナルを検索します。

ステップ2:ターミナルをクリックして、ターミナルが開くのを待ちます。

ステップ3:ターミナルを開くと、次のような画面が表示されます。

ステップ4:

より強力なパスワードを生成するために使用されるコマンドには、OpenSSLrand関数が含まれます。 これは、文字列に14個のランダムな文字を生成するのに役立ちます。 コマンドは「openssl rand –base6414インチ。

結果は、以下に示すように14文字の強力なパスワードになります。

urandomを使用したパスワードの生成

パスワードを生成するために使用している2番目のコマンドは、trで/ dev / urandom出力をフィルタリングしました。 これにより、不要な文字をすべて削除して、最初の14文字のみを印刷できるようになります。

上記のコマンドの出力は次のとおりです。

この出力により、不要な文字をすべて削除するだけで、最初の14文字を印刷できます。

pwgenを使用したパスワードの生成

pwgenを使用するには、最初にこのツールをインストールする必要があります。 このツールは、ランダムでありながら意味のないパスワードを生成するのに役立ちます。 それによって生成されたパスワードはランダムですが、それでも発音可能です。 そこで、次のコマンドを使用してツールをインストールします。

Enter 求められたクレデンシャル

最終的にインストールが開始されます。 コマンドラインは次の画面のようになります。

インストールが完了すると、14文字のランダムな文字列が生成されます。

ランダムに取得した文字列はこれです。

gpgを使用したパスワードの生成

Gpgを使用して、14文字の強力なパスワードを生成することもできます。 gpgツールは次のコマンドを使用して14文字を生成します。

このコマンドの結果は次のとおりです。

そして最後に、パスワードが生成されます。

SHAを使用したパスワードの生成

この方法ではSHAを使用しますが、日付をハッシュすることもできます。 base64を通過します。 その結果、32文字の先頭として出力が得られます。

これは、システムを安全に保つための32文字でありながら強力なパスワードを含む結果です。

簡単な方法によるパスワードの生成

パスワードの生成は、コマンドラインを使用して非常に簡単です。 ランダムではありませんが、パスワード全体を利用すると便利です。 この目的のための最も簡単なコマンドは次のとおりです。

上記のコマンドの結果は、次のような文字列になります。

そして、このコマンドは非常に簡単で、覚えるのに十分シンプルです。

apgを使用したパスワードの生成

APGは自動パスワードジェネレータであり、すでにすべてのUbuntuシステムにインストールされています。 また、簡単に使用できるユーティリティです。 ランダム入力であるさまざまなパスワードを生成するのに役立ちます。

ランダムなパスワード全体を生成するために、apg -a 1を実行できます。これにより、8〜10個のランダムな文字のパスワードが得られます。 この目的で使用したコマンドはapg–a 1です。実行して、出力で生成されたさまざまなパスワードを確認します。

出力には多くのランダムなパスワードが含まれています。

makepasswdを使用したパスワードの生成

「「makepasswd」を使用してパスワードを生成することもできます。 このユーティリティを使用するには、最初にインストールします。 コマンドを使用します sudo apt-get installmakepasswd。

Enter 必要な資格情報。

クレデンシャルを書き込むと、インストールが開始されます。

Yを押して続行します

ユーティリティがインストールされたら、次のコマンドを記述します。 makepasswd –count NumberOfPasswords –minchars MinLengthOfPassword

最初に、生成しようとしているパスワードの数と、各パスワードの長さを指定します。 ここでは、それぞれに8つの長さの4つのパスワードを生成するように依頼しました。

結果を以下に示します。 合計4つのパスワードがあり、それぞれに8文字が含まれています。

このコマンドは、生成するパスワードの数に基づいてランダムなパスワードのリストを生成する役割を果たし、長さもユーザーによって定義されます。

結論

このチュートリアルでは、Linuxのコマンドラインからパスワードを生成する多くの方法について説明しました。 すでに存在する多くの方法があります。 Linuxコマンドラインにすでに存在するユーティリティはほとんどありませんが、使用可能なコマンドを使用して簡単にインストールできないユーティリティについては、 チュートリアルでは、ユーティリティopenssh、urandom、pwegn、gpg、sha、date、apg、およびmakepasswdについて説明しました。 これらのコマンドはすべて、Linuxコマンドラインからより強力なパスワードを生成することを保証し、ユーザーがシステムのセキュリティを維持するのに役立ちます。