Ubuntu16.10でエラー報告ポップアップを無効にする方法

新しくインストールされたUbuntu16.10デスクトップでは、エラー報告ポップアップが発生する場合があります。 煩わしい場合は、これを簡単に無効にすることができます。

Ubuntuエラー報告システムはと呼ばれます 持っていく、バックグラウンドですべてのプログラムクラッシュをキャッチし、開発者を支援するためにそれらを報告しようとします。

一部のスタックレポートが引き続き表示されます。 コマンドを使用して古いクラッシュキャッシュを削除することで、それらを取り除くことができます。

sudo rm /var/crash/*

新しいエラーポップアップを防ぐために、次の手順でエラー報告システムを無効にすることができます。

1.1。 ターミナルを開き(Ctrl + Alt + T)、コマンドを実行してgksuをインストールします。

sudo apt install gksu

gksuはsuのフロントエンドであり、gksudoはのフロントエンドです。 sudo。 それらの主な目的は、Xターミナルエミュレータを実行せずにrootを必要とするグラフィカルコマンドを実行し、suを直接使用することです。

2.2。 コマンドを実行して、root経由でapport構成ファイルを編集します。

gksudo gedit /etc/default/apport

ファイルを開いたら、値を次のように変更します 0 エラー報告システムを無効にします。

最後にファイルを保存します。それだけです。