Debian 10でタイマー、アラーム、ストップウォッチを設定する方法

この記事では、Debianシステムでタイマー、アラーム、ストップウォッチを設定する方法について説明します。 そのための次の2つの方法を説明します。

  • GnomeClocksツールを使用したUIから
  • さまざまなトリックやハックを使用したコマンドラインから

この記事に記載されているコマンドと手順をDebian10Busterシステムで実行しました。

Gnome Clocks(GUI)を介して

GNOME Clocksは、複数の場所で時刻と日付を表示し、アラームまたはタイマーを設定するためのシンプルなアプリケーションです。 ソフトウェアにはストップウォッチも含まれています。 このセクションでは、Gnome Clocksがシステムでまだ使用できない場合に、GnomeClocksをインストールする方法について説明します。 次に、ユーティリティの使用方法を説明します。

GNOME時計をインストールする

コマンドラインをあまり開きたくない人にとっては、UIを介してDebianリポジトリに存在するソフトウェアをインストールするのは非常に簡単です。 Debianデスクトップのアクティビティツールバー/ドックで、ソフトウェアアイコンをクリックします。

ソフトウェアユーティリティで、検索アイコンをクリックし、検索バーにGnomeClocksと入力します。 検索結果には、GnomeClockエントリが次のように表示されます。

このパッケージは、Debian StableMainリポジトリによって開発および保守されています。

Gnome Clocksをクリックすると、次のビューが表示されます。

ソフトウェアをインストールする

[インストール]ボタンをクリックして、インストールプロセスを開始します。 許可されたユーザーのみがDebianにソフトウェアをインストールできるため、次の認証ダイアログが表示され、認証の詳細を入力できます。

次のように認証します admin ユーザー

Enter パスワードを入力し、[認証]ボタンをクリックします。 その後、インストールプロセスが開始され、次のように進行状況バーが表示されます。

ソフトウェアがインストールされています

Gnome Clocksがシステムにインストールされ、インストールが成功すると次のメッセージが表示されます。

GNOME時計

上記のダイアログから、ソフトウェアを直接起動するか、何らかの理由ですぐに削除するかを選択できます。

GNOME時計を起動します

Gnome Clocksは、次のようにアプリケーションランチャーバーから検索するか、[アプリケーション]メニューから直接起動できます。

時計

コマンドラインからツールを起動するには、ターミナルで次のコマンドを入力する必要があります。

$ gnome-clocks

Gnome Clocksアプリケーションは、デフォルトでワールドビューで開きます。

時計アプリケーション

アラームを設定する

新しいアラームを設定するには、[アラーム]タブをクリックしてから[新規]ボタンをクリックします。 次の新しいアラームが次のように表示されます。

アラームを設定する

このダイアログでは、次のことができます。

  • 目覚まし時間を設定する
  • アラームに名前を付けます
  • アラームを繰り返したい日を設定します
  • スライダーボタンを使用して、アラームをアクティブとしてマーク/マーク解除します

すべての詳細を指定したら、[完了]ボタンを使用してアラームを保存します。 アラームが保存されたら、アラームビューのアラームリストから開いて、いつでも編集できます。

アラームを削除するには、アラームを右クリックします。 これにより、アラームが選択済みとしてマークされます。 次に、右下にある[削除]ボタンをクリックして削除できます。

ストップウォッチを使用する

[ストップウォッチ]タブをクリックして、ストップウォッチビューを開きます。

このビューを通じて、次のことができます。

  • スタートボタンからストップウォッチを開始します
  • 停止ボタンを使用して、実行中のストップウォッチを停止します
  • ラップボタンを使用して、実行中のストップウォッチでラップをマークします
  • [続行]ボタンを使用して、停止したストップウォッチを続行します
  • リセットボタンを使用してストップウォッチを00:00にリセットします

ストップウォッチを使用する

タイマーを使う

時間ビューを開くには、[タイマー]タブをクリックします。

タイマーを使う

タイマーのデフォルト時間が5分に設定されていることがわかります。 タイマービューを使用すると、次のことができます。

  • タイマーのカスタム時間を設定する
  • スタートボタンからタイマーを開始します
  • 一時停止ボタンを使用して実行中のタイマーを一時停止します
  • [続行]ボタンを使用して、一時停止したタイマーを再開します
  • リセットボタンでタイマーをリセットします

Debianコマンドラインから–ターミナル

徹底的な調査の結果、タイマー、ストップウォッチ、アラーム機能を提供するツールは1つも見つかりませんでした。 ただし、以下は、目的を達成するのに役立ついくつかのツールとトリックです。

アプリケーションランチャー検索でターミナルを開くことができます。

タイマーを設定する

Enter タイマーユーティリティをインストールするには、次のコマンドを使用します。

$ curl -o〜 /タイマーhttps://raw.githubusercontent.com/rlue/timer/master/bin/timer$ sudo chmod + x〜 / timer

タイマーコマンドラインツールをインストールする

このユーティリティの使用方法に関するヘルプを取得するには、次のコマンドを使用してください。

$ ./timer -h

Linuxタイマーコマンド

にとって example、次のコマンドはタイマーを1分間実行します。

$ ./timer 1

次のコマンドは、タイマーを10秒に設定します。

$ ./timer -d 10

ターミナルをストップウォッチとして使用する

これは、ターミナルをストップウォッチに変える小さなハックです。 次のコマンドを実行します。

$時間猫

コマンドを終了するまで、コマンドは何も出力しません。 Ctrl + Cショートカットを使用してコマンドを終了すると、コマンドの実行から終了までの時間が次のように表示されます。

時間コマンド

このタイムラプスをターミナルのストップウォッチとして使用できます。

ターミナルからアラームを設定する

さて、ここに別のトリックがあります! sleepコマンドを使用して、システムにアラームを簡単に設定できます。 これがsleepコマンドの仕組みです。

$睡眠10m –端末を10分間待機させます

$睡眠10秒 –端末を10秒間待機させます

$睡眠10時間 –端末を10時間待機させます

と、

$睡眠10日 –端末を10日間待機させます

ターミナルは、sleepコマンドが終了した後、次のプロンプト/コマンドを実行します。 ただし、通常、モーニングコールとしてアラーム音を鳴らしたいと思います。 アラーム音を鳴らすコマンドにsleepコマンドを組み込んでみてはいかがでしょうか。

ステップ1: Save システム内のmp3ファイルとしてのアラーム音

ステップ2:次のコマンドを使用して、mp3アラーム音を再生する前に指定された時間待機/スリープします

$睡眠 [x]h [x]m && mplayer /path/to/file.mp3

にとって example:

$ sleep 4h && mplayer /Music/alarmtone.mp3

このコマンドは、4時間後にアラーム音を鳴らします。

したがって、これらは、Debianシステムを目覚まし時計、ストップウォッチ、およびタイマーとして使用できるいくつかの方法でした。