CentOS8にRプログラミング言語をインストールして使用する方法

Rは、グラフィック表現、レポート、統計計算を専門とする無料のオープンソースプログラミング言語です。 UNIX、MacOS、Windowsなどのさまざまなオペレーティングシステムでコンパイルおよび実行されます。 Rは、統計分析のためにRFoundationによってサポートされています。 これは、データ分析を実行し、統計ソフトウェアを開発するために、データマイニング担当者や統計家によって一般的に使用されます。

この記事では、コマンドラインを使用してCentOS8にRをインストールする方法を学習します。

前提条件

CentOS 8にRをインストールするには、システムRAMに少なくとも1Gのスペースがあることを確認する必要があります。

ターミナルを使用してシステムに「R」のインストールを開始するには、次の手順を実行する必要があります。

rootユーザーとしてログインすると、次のことが必要になります。sudo’システムにパッケージをインストールするためのコマンド権限。

  1. ショートカットメソッド「Ctrl + Alt + t」を使用してターミナルアプリケーションを開きます。 または、[アクティビティ]をクリックしてターミナルを開くこともできます。

CentOS8へのRのインストール

RパッケージはCentOS8のコアリポジトリに組み込まれていません。EPELリポジトリからRをインストールする必要があります。 epelリポジトリと構成管理の電動工具を有効にするには、端末で次のコマンドを使用します。

$ sudo dnf install epel-release $ sudo dnf config-manager –set-enabled PowerTools

インストール中、ユーザープロンプトが画面に表示されます。 「y」を押してから「Enter’epel-releaseのインストールをさらに進めます。

インストールを確認する

インストールが完了
しばらくすると、インストールが完了したことを示す完了ステータスが端末に表示されます。

次に、システムで必要な電動工具をインストールできるようにします。

PowerToolsを有効にする

CentOS8にRをインストールする

リポジトリと電動工具を正常に有効にしたら、システムにRをインストールします。 ここで、CentOS 8に「yum」パッケージマネージャーを使用してRをインストールします。そのためには、ターミナルウィンドウで次のコマンドを実行します。

$ sudo yum install R

Rプログラミング言語パッケージをインストールする

ここで、Rはメタパッケージを示します。 必要なすべてのRコンポーネントは、上記のメタパッケージに含まれています。

依存関係のインストール

CentOS 8へのRのインストール中に、残りのパッケージのインストールを確認するように求めるユーザー確認プロンプトがシステムに表示されます。 「y」を押してから「Enter’キーを押して、システムにさらにRパッケージをインストールし続けます。

インストールを確認する

再度、確認プロンプトが端末に表示され、RをインストールするためのインポートGPGキーの確認について尋ねられます。「y」と入力してから「」と入力します。Enter’インストールプロセスを続行します。

Epelリポジトリキーを受け入れる

すべてのRコンポーネントが正常にインストールされると、「完了」ステータスが端末に表示され、Rがシステムに正常にインストールされたことを示します。

パッケージのインストールが完了しました

Rのインストールを確認します

ターミナルで次のコマンドを使用して、システムにRがインストールされていることを確認できます。

インストールされているRのバージョンを確認してください

上のスクリーンショットを見ると、Rがシステムに正常にインストールされていることがわかります。 この記事を書いている時点で、バージョン3.6.3は利用可能なRの最新の安定バージョンです。

Rビルドツールとライブラリをインストールする

Rパッケージに必要なサポートライブラリとツールをシステムにインストールする必要があります。 次のコマンドを使用して、必要なツールとライブラリをインストールします。

ビルドツールのインストール

インストール中に、インストールの確認について尋ねられます。 「y」を押してから「」を押しますEnter’必要なツールとライブラリのインストールをさらに続行します。

インストールを確認する

すべてのライブラリとツールがシステムにインストールされると、「完了」ステータスが端末に表示され、インストールが完了したことを意味します。

インストールが完了

ルートとしてRコンソールを開きます

ここで、Rから始めて、ターミナルでrootとしてRコンソールを開きます。 次のコマンドを使用してRを開きます。

Rプログラミングコンソール

Rバイナリをrootとして起動する場合、パッケージはグローバルにインストールされ、システムのすべてのユーザーが利用できます。 使用するパーソナルライブラリを設定し、通常のユーザーとしてRバイナリを呼び出すことができます。

これで、以下のすべてのコマンドがRコンソール内で実行されます。

ストリンガーをインストールする

Rでは、Comprehensive R Archive Network(CRAN)を使用してインストールできる膨大な数のパッケージを利用できます。

にとって example、文字列操作の正確で高速な実装に一般的に使用される「stringr」として知られるRのパッケージをインストールする必要があります。

ターミナルを介してRコンソール内にストリンガーをインストールします。 次のコマンドを入力して、stringrパッケージをインストールします。

> install.packages( “stringr”)

上記のコマンドを実行すると、CRANミラーのリストが端末に表示され、使用するCRANミラーを選択するように求められます。

Stringrライブラリのインストール

次に、現在地に最も近いミラーを選択します。 にとって example、メキシコシティはあなたの場所に最も近く、選択範囲「39」にその番号を入力します。

ダウンロードミラーを選択

インストールが完了するまでに少し時間がかかります。 インストールが完了したら、ターミナルウィンドウで次のコマンドを使用してライブラリをロードします。

>ライブラリ(stringr)

ストリンガーライブラリをRにロードする

次に、次の構文を使用して、articleで名前が付けられたベクトルを作成します。

>記事<-c( "Article"、 "About"、 "How"、 "to"、 "Install"、 "R"、 "on"、 "CentOS"、 "8")

ストリンガーライブラリの使用

次の関数を使用して、各文字列の長さを出力します。

> str_length(article)

文字列の長さを出力する

今、あなたはすることができます close ターミナルで次のコマンドを入力して、Rコンソールを操作します。

> q()

Rプロンプトを閉じる

結論

この記事では、ターミナルを使用してRをCentOS8にインストールする方法を学習しました。 また、システムにさまざまなRパッケージをインストールする方法も学びました。 この記事を楽しんでいただき、お役に立てば幸いです。 コメントでフィードバックをお寄せください。