Oracle Virtualbox 5.1.8がリリースされ、Ubuntuにインストールする方法

Oracle Virtualboxは、5.1シリーズの新しいアップデートをリリースしました。 このリリースでは、GUI、ネットワーク、Linuxホスト、および追加機能に関するさまざまなバグが修正されています。

Virtualbox 5.1.8での変更:

  • GUI:キーボードショートカット処理のリグレッションを修正しました(Mac OS Xホストのみ)
  • GUI:個別のUIのキーボード処理のリグレッションを修正しました(Windowsホストのみ)
  • NAT:「検索」サフィックスの最大数を超えないようにしてください。
  • NAT:スラッシュを含む名前のポート転送ルールの解析を修正しました
  • NATネットワーク:ホストにゲストにマップできないループバックネームサーバーしかない場合(たとえば、127.0.1.1で実行されているdnsmasq)、DHCPがネームサーバーとしてNATネットワークDNSプロキシを提供するようにします。
  • ブリッジネットワーク:パケット割り当てエラーメッセージでsyslogがフラッディングするのを防ぎます
  • オーディオ:Mac OSXホストでオーディオキューを使用するようになりました
  • オーディオ:PulseAudioバックエンドでの固定録音(5.1リグレッション)
  • オーディオ:さまざまなバグ修正
  • スナップショット:複数のディスクを持つスナップショットを削除するための5.1.4のリグレッションを修正しました
  • スナップショット:スナップショットの削除に失敗した場合のクラッシュ修正とエラーレポートの改善
  • ストレージ:Windowsゲストを使用したNVMeエミュレーションのいくつかの修正
  • API:SASコントローラーの初期化を修正しました
  • システムのビルド:デフォルトでPython3になっているシステムでVBoxをビルドできるようにします
  • Windowsホスト:REGDB_E_CLASSNOTREGエラーの特定のケースを検出し、役立つエラーメッセージを出力します
  • Windowsホスト:Windows10ビルド14901の変更に適合
  • Windowsホスト:多くのCPUを搭載した特定のホストで必要とされるWindows7以降のプロセッサグループのサポートが向上
  • Windowsインストーラー/追加:スタートメニュー項目の作成を防ぐためのオプションが追加されました
  • Windowsの追加/ VGA:ゲストの電源管理によって仮想画面がオフになっている場合は、ウィンドウを非表示にするのではなく、対応するVMウィンドウを空白にします
  • Windowsの追加:共有フォルダーのフリーズにつながる可能性のある一般的なバグを修正しました
  • Linuxホスト/ゲスト:CONFIG_CPUMASK_OFFSTACKが設定されたカーネルの修正
  • Linuxの追加:すべての仮想コンソールがテキストモードである必要はありません。 これにより、ゲストがグラフィカルな起動画面で起動される場合が修正されます。
  • Linuxの追加:特定のLinuxディストリビューションで出荷されたモジュールとの競合を修正するために、vboxguestおよびvboxsfカーネルモジュールにdepmodオーバーライドを追加しました
  • X11の追加:ホストが十分な機能を提供しない場合は、ゲストの3Dを無効にします

UbuntuにVirtualbox5.1.8をインストールする方法:

Ubuntu 16.10、Ubuntu 16.04、Ubuntu 14.04、Ubuntu 12.04の公式Linuxバイナリ、およびそれらの派生物は、以下のリンクからダウンロードできます。

Linux用のVirtualboxをダウンロードする

OSのパッケージを入手し、Ubuntuソフトウェアを介してインストールをクリックするか、以下のコマンドを使用してターミナルにインストールします。

sudo dpkg -i ~/Downloads/PACKAGENAME && sudo apt -f install

VirtualboxLinuxリポジトリを追加します。

を使用して他のシステムアップデートと一緒にVBoxアップデートを受け取りたい人のために ソフトウェアアップデータ ユーティリティの場合は、以下の手順を実行してVBoxLinuxリポジトリを追加します。

1.ターミナルを開き(Ctrl + Alt + T)、コマンドを実行してリポジトリを追加します。

sudo sh -c 'echo "deb https://download.virtualbox.org/virtualbox/debian xenial contrib" >> /etc/apt/sources.list.d/virtualbox.list'

Ubuntuのエディションに応じて、置き換えます すごいヤッケティ (16.10の場合)、 信頼できる (14.04、Mint 17.x、eOS 0.3の場合)、または 正確 (12.04の場合)。

2.リポジトリからの更新を信頼するようにキーリングを設定します。

wget -q https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox_2016.asc -O- | sudo apt-key add -

wget -q https://www.virtualbox.org/download/oracle_vbox.asc -O- | sudo apt-key add -

リポジトリを追加した後、新しいリリースがリリースされたら、起動できます ソフトウェアアップデータ アップグレードするには:

アップグレード-virtualbox

または、コマンドを実行してVirtualbox5.1.xをインストール/アップグレードします。

sudo apt update && sudo apt install virtualbox-5.1