Ubuntu16.10でログイン画面をキャプチャする方法

Ubuntu Unityのログイン画面をキャプチャしてスクリーンショットを友達と共有したい人のために、LighDMディスプレイマネージャーは、Ubuntuデスクトップで非特権ユーザーとしてウィンドウ化されたログイン画面を実行できるテストモードを提供します。

したがって、スクリーンショットツールまたはビデオレコーダーを使用して、このウィンドウ化されたログイン画面を簡単にキャプチャできます。

LightDMテストモードを実行します。

1.最初にターミナルを開きます(Ctrl + Alt + T)コマンドを実行して、X11ディスプレイサーバープロトコルを実装するディスプレイサーバーであるXserverをインストールします。

sudo apt-get install xserver-xephyr

求められたらパスワードを入力して、 Enter。

2.次に、コマンドを実行します。

lightdm --test-mode

上の図のように、ウィンドウ化されたログイン画面がポップアップ表示されます。

ログインの外観を変更した方へたとえば、白い点を削除する、ユーザーのデスクトップの背景とは異なるログインの背景を変更する、背景のロゴを変更する、実行する -テストモード 通常のユーザーには、「実際の」ログイン画面を表示する権限がありません。

これを修正するには、ターミナルを開き、以下のコマンドを1つずつ実行します。

  1. 最初にコマンドを実行してroot権限を取得します。

    sudo -i

  2. 次に、ユーザーlightdmがXサーバーへの接続を作成できるようにします。

    xhost +SI:localuser:lightdm

  3. 次に、ターミナルウィンドウでユーザーlightdmに切り替えます。

    su lightdm -s /bin/bash

最後に実行します lightdm –test-mode ターミナルでテストモードを実行するには lightdm 特権:

そして、ウィンドウ化されたログイン画面のスクリーンショットを記録または撮影してお楽しみください!