Ubuntu16.10でHibernateオプションを有効にする方法

休止状態オプションは、多くの場合機能せず、バックアップを作成しないとデータが失われるため、UbuntuUnityではデフォルトで無効になっています。

この簡単なチュートリアルに従って、シャットダウンメニューの休止状態オプションを再度有効にしたい場合。

Hibernateが機能するかどうかをテストします。

何か問題が発生した場合に備えて、コンピューターを休止状態にする前に、常にすべての作業を保存する必要があります。

コンピューターでHibernateが機能するかどうかをテストするには、ターミナルを開きます(Ctrl + Alt + T)そしてコマンドを実行します:

sudo pm-hibernate

コンピュータの電源を切った後、電源を入れ直します。 開いているアプリケーションを再度開きましたか? hibernateが機能しない場合は、スワップパーティションが少なくとも使用可能なRAMと同じ大きさであるかどうかを確認してください。

休止状態オプションを有効にする:

休止状態が機能する場合は、上記のコマンドを引き続き使用してマシンを休止状態にするか、構成ファイルを編集してシャットダウンメニューのオプションを有効にすることができます。

これを行うには、ターミナルを開きます(Ctrl + Alt + T)そしてコマンドを実行します:

gksudo gedit /var/lib/polkit-1/localauthority/10-vendor.d/com.ubuntu.desktop.pkla

コマンドの実行後にファイルが開いたら、下にスクロールして両方のセクションをファイルします。

  • [Disable hibernate by default in upower]
  • [Disable hibernate by default in logind]

それらの値をnoからyesに変更します。

休止状態を再度有効にする

Save ファイルを再起動します。

加えて、 上記の一部のデバイスでは、変更が機能しない場合があります。 回避策は、代わりに以下のコマンドを使用することです。

gksudo gedit /etc/polkit-1/localauthority/10-vendor.d/com.ubuntu.desktop.pkla

そして、ファイルが開いたら、コンテンツの下に貼り付けてファイルを保存します。

[Re-enable hibernate by default in upower]

Identity = unix-user:* Action = org.freedesktop.upower.hibernate ResultActive = yes

[Re-enable hibernate by default in logind]
Identity = unix-user:* Action = org.freedesktop.login1.hibernate ResultActive = yes