Ubuntu 16.10:ふたを閉じると自動シャットダウン/休止状態

ラップトップでUbuntu16.10を実行している場合、選択肢は2つだけです。 つるす何もしない ノートパソコンの蓋を変更するための電源設定 close 行動。

ふたが閉じているときにラップトップを自動シャットダウンまたは休止状態にする場合は、ガイドの手順を次に示します。

1.1。 Ubuntuソフトウェアを開き、検索してインストールします dconfエディター

コマンドラインの場合、ターミナルで以下のコマンドを実行して、dconf-editorをインストールできます。

sudo apt install dconf-editor

2.2。 dconf Editorを起動し、に移動します org-> gnome->設定デーモン->プラグイン-> power。 次に、次のことを行います。

  • ダブルクリック “蓋-close-ac-action” ライン
  • デフォルト値の使用をオフにします。
  • カスタム値をに変更 なんでも デフォルト以外
  • 蓋-close-バッテリーアクション「「

ステップ2は実際には蓋を変更しませんが close アクション、それはいくつかの条件で次のステップを実行する前に必要です!

dconf-メンバーclose-アクション

3.3。 ターミナルを開く(Ctrl + Alt + T)コマンドを実行して、構成ファイルを開いて編集します。

sudo apt install gksu && gksudo gedit /etc/systemd/logind.conf

それが開いたら、行を見つけます #HandleLidSwitch = suspend、コメントを外して次のように変更します。

  • HandleLidSwitch = poweroff 蓋を閉めると自動的にシャットダウンします。
  • HandleLidSwitch = hibernate ふたを閉めると自動的に休止状態になります。

値を次のように変更することもできます つるす また 無視 それらはすでに電源設定で利用可能ですが。

蓋-close-アクション

変更を適用するには、ラップトップを再起動するか、ターミナルでコマンドを実行して、ログインしたサービスを再起動します。

systemctl restart systemd-logind.service