CentOS8に複数のJavaバージョンをインストールする方法

Javaは、最も広く使用されている高級プログラミング言語の1つであり、もともとはSunMicrosystemsによって開発されました。 これは、単一のコンピューターシステムまたは分散サーバー環境で実行できる完全なアプリケーションを作成するために使用されます。 さらに、Javaは、Webページの一部である小さなアプリケーションまたはアプレットを作成するためにも使用されます。

Javaには、OpenJDKとJavaOracleの2つの異なる実装があります。 Java Oracleが追加機能を提供することを除いて、どちらもほぼ同じであり、違いはありません。 OpenJDKは、オープンソースのJava実装プラットフォームです。 Java Oracleはライセンスの対象となります。つまり、個人的な使用や開発など、非営利目的でのみ使用できます。

この記事では、CentOS8にさまざまなJava実装をインストールする方法を学習します。

CentOS8へのJavaのインストール

Javaをインストールするには、システムにJavaの2つの異なる実装をインストールする必要があります。 CentOS 8にJavaをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. まず、としてログインする必要があります admin またはシステムのrootユーザー。
  2. ショートカットメソッド「Ctrl + Alt + t」を使用してターミナルを開きます。

OpenJDK11をインストールします

最新のJavaバージョンのJDK11をインストールすることをお勧めします。Javaベースの一部のアプリケーションではJava固有のバージョンが必要になる場合があるため、この状況では、最初にアプリケーションのドキュメントを読む必要があります。

次のコマンドを実行して、システムCentOS8にopenJDK11をインストールします。

$ sudo dnf install java-11-openjdk-devel

インストール中に、端末に表示されるユーザー確認プロンプト。 ‘y’を押して ‘を押しますEnter’システムにJavaパッケージをインストールできるようにします。

ターミナルにOpenJDK11をインストールすると、「完了」ステータスが表示されます。

インストールの完了

Javaのバージョンを確認する

インストールが完了すると、インストールされているJavaのバージョンを表示してJavaのインストールを確認できます。 この目的のために、次のようなコマンドが必要です。

$ java -version

Javaのバージョンを確認してください

その段階で、JavaはシステムCentOS8に正常にインストールされています。

また、CentOS 8にヘッドレスバージョンのJavaをインストールすることもできます。これは、GUIを使用せずに、アプリケーションの実行プロセスに必要な最小限のJavaランタイムをサポートします。つまり、マウス、キーボード、およびディスプレイシステムのサポートはありません。 ヘッドレスバージョンは、サーバーアプリケーションに適しています。

システムにヘッドレスOpenJDK11バージョンのみをインストールするには、次のコマンドを入力する必要があります。

$ sudo dnf installjava-11-openjdk-ヘッドレス

Javaヘッドレスをインストールする

上記のタイプがすでにCentOS8にインストールされている場合、ヘッドレスパッケージは依存関係としてインストールされます。

OpenJDK8をインストールします

同様に、OpenJDK8をシステムにインストールできます。 CentOS 8のデフォルトのリポジトリには、Java LTSの2つの主要な最新バージョン、Java 8、および11が含まれています。OpenJDK8も一般的に使用されるバージョンです。 Java 8をインストールするには、次のコマンドを実行する必要があります。

$ sudo dnf installjava-1.8.0-openjdk-devel

Java 8のインストールが完了したら、次のようにバージョン情報を確認して確認できます。

$ java -version

ヘッドレスバージョンのJava8をインストールすることもできます。

Javaのデフォルトバージョンを設定する

CentOS 8に複数のJavaバージョンがインストールされている場合、この場合は、デフォルトバージョンのJavaを使用できます。 これは、ターミナルでjavaと入力すると、次のようにどのバージョンがデフォルトとして使用されるかを意味します。

$ java -version

上記のバージョンを新しい代替手段で変更する場合は、次のコマンドを実行します。

$ sudo 代替案–configjava

Javaバージョンを確認する

上記のコマンドを実行すると、インストールされているJavaバージョンのリストがターミナルに表示されます。 ここで、デフォルトとして設定する番号を選択します。

結論

この記事では、CentOS 8にさまざまなバージョンのJavaをインストールする方法を学びました。さらに、システムに複数のバージョンがインストールされている場合に、デフォルトのJavaバージョンを設定する方法を説明します。 次に、Javaのパス設定について詳しく説明します。 この記事を楽しんでいただけたでしょうか。