Ubuntu16.10で画面上の通知バブルを構成する

デフォルトの通知バブルに飽きて、変更したいですか? Canonicalの画面上の通知エージェントであるNotifyOSDのパッチバージョンが利用可能であり、シンプルなグラフィックツールを使用してポップアップバブルをカスタマイズできます。

これを使用すると、次のことができます。

  • 通知バブルの位置を移動します。
  • 通知表示がタイムアウトしました。
  • クリックして close バブル。
  • 背景色、不透明度を変更します
  • バブルの幅、アイコンのサイズなどを構成します。
  • テキストの色、サイズ、不透明度などを編集します。

notifyosdバブルを構成する

notifyosdテキストを構成する

パッチを適用したNotifyOSDと構成ツールをインストールします。

1.1。 Notify OSDのパッチが適用されたバージョンは、 このPPA。 これまでのところ、PPAはUbuntu 16.10をサポートしていませんが、Ubuntu16.04バイナリは私の16.1064ビットで正常に動作します。

Notify OSDをダウンロード(パッチ、.deb)

下にスクロールして、以下を取得します。

  • notify-osd_0.9.35 + 16.04.20160415-0ubuntu1-leolik〜ppa0_amd64.deb(64ビットOSの場合)。
  • notify-osd_0.9.35 + 16.04.20160415-0ubuntu1-leolik〜ppa0_i386.deb(32ビットOSの場合)。

次に、クリックしてパッケージを開き、Ubuntuソフトウェアを介してインストールします。 または、次のコマンドを使用してインストールします。

sudo dpkg -i ~/Downloads/notify-osd_*.deb && sudo apt -f install

その後、NotifyOSDエージェントを再起動します コマンド経由(経由でターミナルを開く Ctrl + Alt + T):

sudo pkill nitify-osd

2.2。 以下のリンクからNotifyOSD構成ツールをダウンロードします。

NotifyOSDConfig(ubuntu16.10_amd64 / i386.deb)をダウンロードします

また、Ubuntuソフトウェア経由でインストールをクリックします。 インストールしたら、Unity Dash / App Launcherから起動し、画面上の通知をカスタマイズしてお楽しみください!