AutotrashCLIを介してDebianのゴミ箱を自動的に空にする

システムからファイルまたはフォルダを削除すると、ごみ箱(Linux)またはごみ箱(Windows)に移動されます。 何度も何度も、他の重要なデータのためのスペースを作るために、システムクラッシュにあるこれらのほとんど役に立たないファイルやフォルダを取り除く必要があります。 一定期間にわたってシステムのゴミを自動的に処理するようにDebianを設定したい場合は、Autotrashと呼ばれるコマンドラインユーティリティを使用できます。

Autotrashは、FreeDesktop.orgのごみ箱フォルダでその内容に関する情報を検索し、指定したオプションに応じてごみ箱の一部を削除するユーティリティです。

この記事では、Autotrashユーティリティをインストールし、ヘルプを見つけて使用する方法について説明します。 このユーティリティの広く使用されている機能を理解するのに役立ついくつかの例を使用して、手順を説明します。

この記事に記載されているコマンドと手順をDebian10Busterシステムで実行しました。

DebianターミナルからAutotrashをインストールする

ターミナルアプリケーションからAutotrashCLIをインストールします。 次のように、アプリケーションランチャー検索からターミナルを起動できます。

許可されたユーザー(rootまたは sudo)Debianシステムでソフトウェアを追加/更新、削除、構成できます。

ステップ1:システムのリポジトリインデックスを更新する

Debianのオンラインリポジトリで利用可能なソフトウェアの最新バージョンをインストールするには、システムのリポジトリインデックスが最新である必要があります。

次のコマンドを次のように実行します sudo システムのローカルリポジトリインデックスをインターネットのインデックスで更新するため。

$ sudo apt-get update

システムが次のパスワードを要求する場合があります sudo。 Enter パスワードとリポジトリインデックスが更新されます。

手順2:AutotrashCLIをインストールする

これで、次のコマンドを実行してautotrashユーティリティをインストールできます。 sudo ターミナルアプリケーションで:

$ sudo apt-get install autotrash

AutotrashCLIをインストールします

インストール手順を開始する前に、システムからY / nオプションの入力を求められる場合があります。 続行するにはYを入力してください。

手順3:自動ゴミ箱のインストールを確認する(オプション)

インストールされているautotrashソフトウェアのバージョン番号を確認し、それが実際にシステムにインストールされているかどうかを確認することもできます。 これを行うには、次のコマンドを実行します。

$ autotrash –version

または、

$ autotrash -V

自動ゴミ箱のバージョンを確認する

結果は、autotrashバージョン0.1.5が私のDebianにインストールされていることを確認します。

Autotrash CLIの使用(例付き)

自動ゴミ箱のヘルプは、このアプリケーションでできることをすべて教えてくれます。 次のようにヘルプを表示できます。

$ autotrash –help

AutotrashCLIの使用

詳細については、次のコマンドを使用してautotrashのマンページを表示できます。

$ man autotrash

今、私たちはいくつかを提示します このユーティリティを最大限に活用する方法について詳しく説明します。

例1:x日より古いファイルを削除する

これは、Autotrashで最も広く使用されている機能です。 次のコマンド構文を使用して、システムのゴミ箱にx日間存在するファイルを自動的に削除できます。

$ autotrash -d [days]

にとって example、次のコマンドは、ゴミ箱で30日を完了したファイルを削除します。

$ autotrash -d 30

30日以上経過したファイルを削除する

これにより、30日間で必要なファイルを復元するのに十分な時間が与えられます。

次のコマンドの使用法では、この機能を、ごみ箱に入れられたファイルだけでなく、システムを使用しているすべてのユーザーの削除されたファイルにも適用できます。

$ autotrash -td [days]

例:

$ autotrash -td 30

例2:残りの空き領域に基づいてファイルを削除する

マックスフリー

自動トラッシュを使用してファイルをパージできるのは、トラッシュの場所に残っている空き領域がMメガバイト未満の場合のみです。 として example、これを1024に設定すると、ごみ箱の空き容量が1 GB未満の場合にのみ、自動ごみ箱が機能し始めます。 その時まで、autotrashはTrashディレクトリをスキャンせずに正常に終了します。

例:

$ autotrash –max-free 1024 -d 30

最小なし

同様に、autotrashを使用して、最低Mメガバイトの空き容量があることを確認できます。

例:

$ autotrash –min-free 1024

2つのコマンドを組み合わせて、空き容量が2 GB未満の場合に、autotrashがゴミ箱の読み取りを開始することを確認してからチェックを続けることもできます。 このコマンドは、30日より古いファイルを削除し、余分なファイルも削除して、1GBのスペースが常に使用可能になるようにします。

$ autotrash –max-free 2048 –min-free 1024 -d 30

例3:Mメガバイト数を削除します

ユーティリティを使用して、少なくともMメガバイトの数をパージし、最も古いゴミの追加を最初に削除することができます。 この機能は、個々のファイルではなくゴミ箱エントリを使用します。これは、最も古いゴミ箱に入れられたアイテムが1GBのディレクトリであり、少なくとも10MBの削除を要求した場合(M = 10)、自動ゴミ箱は1​​GBを削除することを意味します。

$ autotrash –delete M

$ autotrash –delete 1024

私たちが提示した例は、ゴミ箱を空にするためのさらにカスタマイズ可能な方法を構成するのに役立ちます。 これで、システムのゴミ箱が原因でシステムのスペースが無駄になることを心配する必要がなくなりました。autotrashユーティリティは、定義された基準に基づいて不要なファイルを自動的にクリアします。