digiKam 5.3.0がリリースされ、LinuxAppImageがダウンロード可能

digiKam写真管理ソフトウェアは数日前に5.3.0リリースに達しました。 AppImageバンドル Linuxユーザー向けに利用可能になりました。

AppImageは、ポータブルソフトウェアを圧縮されたバイナリファイルとして配布する簡単な方法を提供することを目的としたオープンソースプロジェクトであり、特別な依存関係をインストールすることなく、標準ユーザーも実行できます。 最後のQt5およびKF5フレームワークとして、すべてがバンドルに含まれています。 AppImageは、アプリケーションを起動するために一時ディレクトリに解凍されたFuseファイルシステムを使用します。 digiKamを使用するために、システムにdigiKamをインストールする必要はありません。 さらに良いことに、Linuxディストリビューションの公式digiKamを並行して使用し、本番環境で使用されているバージョンと競合することなく新しいバージョンをテストできます。 これにより、Linuxボックス専用の公式パッケージを待たずに新しいリリースをすばやくテストできます。 AppImageのもう1つの利点は、リリース計画外で、ソースコードに適用された最後のパッチをテストするためのプレリリースバンドルを迅速に提供できることです。

このバンドルには、digiKamがLensfun、OpenCV、Exiv2として使用する主要なサードパーティライブラリが含まれています。 すべてがdigiKam用に最適化されており、特別な場合にアプリケーションをクラッシュさせる可能性のある追加または実験的な構成はありません。

digiKam 5.3.0には、さまざまなバグ修正も含まれています。を参照してください。 ここ 詳細については。

UbuntuにdigiKam5.3.0をインストールします。

ダウンロード .appimage (32ビットの場合はi386、64ビットの場合はx86_64)以下のリンクから:

DigiKamダウンロードページ

次に、コンテキストメニュー->[プロパティ]ウィンドウからappimageを実行可能にします。

最後に、AppImageを実行してdigiKamを起動します(上の図を参照)。

従来の方法でdigiKam5.3.0をインストールするには:

新しいリリースはで利用可能です PPAリポジトリ Ubuntu 16.04、Ubuntu 16.10、およびそれらの派生物の場合。 以下の手順に従って、インストールまたはアップグレードします。

1.ターミナルを開きます(Ctrl + Alt + T)そしてコマンドを実行してPPAを追加します。

sudo add-apt-repository ppa:philip5/extra

digikam-ppa

2.以前のdigiKam5.xからアップグレードするには、起動します ソフトウェアアップデータ 更新をインストールします。

digikam5をアップグレードする

または、コマンドを実行して初めてインストールするか、コマンドを使用してアップグレードします。

sudo apt update && sudo apt install digikam5

削除する方法:

digiKam 5.xを削除するには、removeオプションを指定してaptコマンドを実行します。

sudo apt remove digikam5 && sudo apt autoremove

PPAは、[システム設定]->[ソフトウェアとアップデート]->[その他のソフトウェア]タブから削除できます。