X.org1.19サポートでリリースされたNVIDIA375.20 [Ubuntu PPA]

Linux用のNVIDIA375の最初の安定したドライバーリリースがリリースされました。 サポートされているすべてのUbuntuエディションにPPAを介してインストールする方法は次のとおりです。

NVIDIA 375.20は、GeForce GTX 1050、GTX 1050Tiをサポートする最初の安定したLinuxドライバーです。 このリリースでは、Quadro M620、M5000 SE、M3000 SE GPUのサポート、およびxorg-server1.19のサポートも追加されています。

変更には、RandR 1.5 TILEプロパティのサポート、最新のLinuxカーネルリリースのサポート、NVIDIA 3D Vision 2ステレオのサポート、OpenGLオンディスクシェーダーキャッシュが最大サイズで64MBから128MBに引き上げられ、いくつかのバグ修正も含まれています。 詳しくはこちらをご覧ください NVIDIA.com

Ubuntu16.04にNVIDIA375.20をインストールする方法:

Ubuntu 16.10、Ubuntu 16.04、Ubuntu 14.04、Ubuntu 12.04、およびその派生物の場合、NVIDIA375.20は グラフィックチームPPA

これを行うには、以下の手順に従います。

1.1。 ターミナルを開き(Ctrl + Alt + T)、コマンドを実行してPPAを追加します。

sudo add-apt-repository ppa:graphics-drivers/ppa && sudo apt update

尋ねられたらパスワードを入力し(視覚的なフィードバックはありません)、 Enter。

2 ドライバーがPPAになったら、追加ドライバーユーティリティを起動し、NVIDIA-375ドライバーを選択して適用します。

nvidia375.20をインストールします

トラブルシューティング:

一部のカードでは、NVIDIA独自のGPUドライバーをインストールした後に黒い画面の問題が発生する場合があります。 どちらかを試してください grubオプションでNOMODESETを設定する、またはコマンドを使用してプロプライエタリドライバを削除します。

sudo apt-get purge nvidia-current

リカバリモード-> rootプロンプトで起動するか、ログイン画面でCtrl + Alt + F1を押してコマンドコンソールを起動します。