Debianでログアウトする代わりに、Ctrl + Alt + Deleteを使用してシャットダウンします

GNOME Debian GUIには、日常的な操作を実行して生産性を向上させるために使用できるさまざまなキーボードショートカットが付属しています。 マウス、キーボード、メニューの操作に費やす時間を大幅に節約できます。

Windowsオペレーティングシステムを使用している場合は、Ctrl + Alt + Delを使用してシステムを再起動およびシャットダウンした可能性があります。 古いLinuxディストリビューションでも、同じキーの組み合わせが再起動とシャットダウンに使用されます。 ただし、新しいバージョンのLinuxでは、デフォルトのCtrl + Alt + Delが変更され、ログオフのみが許可されます。

この記事では、同じ古い機能でCtrl + Alt + Delキーの組み合わせを使用する方法、つまりDebianシステムをシャットダウンする方法について説明します。 これには、次の手順が含まれます。

  • ログアウトするためのCtrl + Alt + Delショートカットを無効にします。
  • シャットダウンするためのカスタムショートカットを作成します。

この記事に記載されているコマンドと手順を実行するために、Debian10システムを使用しました。

手順1:ログアウトするためのCtrl + Alt + Delショートカットを無効にする

このステップでは、Debianシステムでログアウトするために使用されるデフォルトのショートカットであるCtrl + Alt + Delを無効にします。 ログアウトするための他のショートカットを指定します。 そのためには、キーボードビューで設定ユーティリティを開く必要があります。 デスクトップの左上隅にある[アクティビティ]タブに移動します。 検索バーに「キーボードショートカット」と入力します。 結果が表示されたら、それをクリックして次のように起動します。

開くと、次のビューが表示されます。

下にスクロールして確認してください ログアウト のオプション システム カテゴリー。

ログアウトショートカット

クリックすると ログアウト オプション、 ショートカットを設定する ダイアログボックスが表示されます。 選択したキーの組み合わせを入力します。 たとえば、ここではCtrl + Alt + Gを新しいショートカットとして設定しています。

完了したら、をクリックします セットする ボタン。

Enter  新しいショートカット

これで、デフォルトのショートカットCtrl + Alt + Deleteの代わりに、新しいショートカットキーを使用してシステムからログアウトできます。 Ctrl + Alt + Deleteを使用して、カスタムショートカットとして使用できるようになりました。

ステップ2:シャットダウン用のカスタムショートカットとしてCtrl + Alt + Delを作成する

このステップでは、Ctrl + Alt + Deleteを使用してシャットダウンするための新しいショートカットを作成します。 同じキーボードショートカットウィンドウで、下にスクロールして、 + 開くためのサイン カスタムショートカットを追加する ダイアログボックス。 Enter ここでは、シャットダウンなどの新しいショートカットの名前を示します。 コマンドフィールドに次のように入力します gnome-session-quit –power-off。

新しい電源オフショートカットを作成する

次に、をクリックします ショートカットボタンを設定する Ctrl + Alt + Delキーを同時に押してクリックします 追加。 完了すると、次のビューが表示されます。

ショートカットボタンを設定する

クリック バツ ボタンに切り替えて 設定 窓。 ここでは、以下に示すように、カスタムショートカットリストに最近追加されたショートカットが表示されます。

新しいカスタムシャットダウンショートカット

これで、新しいショートカットを使用する準備が整いました。 押す Ctrl + Alt + Del そして、あなたは見るでしょう 電源を切る ダイアログボックス。 クリックしてください 電源を切る システムの電源を切るためのボタン。 電源オフプロセスをキャンセルする場合は、をクリックします。 キャンセル ボタン。 どのボタンもクリックしない場合、システムは60秒後に自動的に電源がオフになります。

電源を切る

これですべてです。 これで、同じ古いショートカットを使用できます Ctrl + Alt + Del システムをシャットダウンするため。 同じ手順を使用して、他のショートカットを作成することもできます。