Avidemux Video Editor2.6.18がいくつかの修正を加えてリリースされました

C ++で書かれた無料のオープンソースビデオエディタであるAvidemuxは、数日前にいくつかの修正を加えて2.6.18リリースに到達しました。

Avidemux 2.6.18は、2017年の最初のリリースです。

  • ビデオのサイズが画面と同じである場合の自動サイズ変更を修正*
  • 複数のプレビューを壊すナビゲーションを修正
  • スライダーとツールチップを修正する
  • Mp4 / Mp4v2:E-AC3を許可する

UbuntuにAvidemux2.6.18をインストールする方法:

The getdebリポジトリ は最新のAvidemuxパッケージを維持しており、これまでのところUbuntu 16.10、Ubuntu 16.04、およびその派生物で利用できます。

1.1。 リポジトリを追加するには、ターミナル(Ctrl + Alt + T)で次のコマンドを実行するだけです。

sudo sh -c 'echo "deb https://archive.getdeb.net/ubuntu xenial-getdeb apps" >> /etc/apt/sources.list.d/getdeb.list'

コードで、置換します すごい (16.04、Linux Mint 18の場合) ヤッケティ Ubuntu16.10の場合。

次に、キーをインストールします。

wget -q -O- https://archive.getdeb.net/getdeb-archive.key | sudo apt-key add -

2.2。 リポジトリを追加したら、検索してインストールします avidemux2.6-qt Synaptic PackageManagerのパッケージ。

または、ターミナルで次のコマンドを実行して、インストール/アップグレードします。

sudo apt update && sudo apt install avidemux2.6-qt

アンインストール:

ソフトウェアをアンインストールするには、Synaptic Package Managerを使用するか、ターミナルで次のコマンドを実行します。

sudo apt remove avidemux2.6-qt && sudo apt autoremove

また、getdebリポジトリは、[システム設定]->[ソフトウェアとアップデート]->[その他のソフトウェア]から削除できます。