無料のバッチ画像プロセッサ「Converseen」がImageMagick7のサポートを追加

WindowsおよびLinux用の無料のオープンソースバッチイメージプロセッサであるConverseenは、ImageMagick 7をサポートする0.9.6リリースに達しましたが、Ubuntuはメインアーカイブで6.xを提供しています。

コンバーセン あなたがすることができます 変換サイズ変更回転するフリップ マウスクリックで無限の数の画像。 さらに、それは全体を変換することができます PDF 好みの特性を持つ一連の画像にファイルします。100以上の形式のいずれかを選択し、サイズ、解像度、ファイル名を設定できます。

ソフトウェアは、Qt5フレームワークを使用してC ++で記述されています。 ImageMagickのおかげで、DPX、EXR、GIF、JPEG、JPEG-2000、PhotoCD、PNG、Postscript、SVG、TIFFなどの100以上の画像形式をサポートしています。

UbuntuにConverseenをインストールする方法:

このソフトウェアは、デフォルトでUbuntuのメインリポジトリで利用できます。 ただし、最新のリリースを入手するには、これを使用できます 非公式PPA Ubuntu 16.10、Ubuntu 16.04、Ubuntu 14.04、およびそれらの派生物のパッケージを含むリポジトリ。

以下は、PPAを追加し、最新のConverseenにインストール/アップグレードする方法です。

1.1。 ターミナルを開き(Ctrl + Alt + T)、以下のコマンドを入力します。

sudo add-apt-repository ppa:ubuntuhandbook1/apps

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します(視覚的なフィードバックはありません)。 Enter。

2.2。 次に、コマンドを使用してイメージプロセッサを更新およびインストールします。

sudo apt-get update

sudo apt-get install converseen

ソフトウェアが気に入った場合は、PPAを保持できるため、新しいリリースがリリースされたら、他のシステムアップデートと一緒にアップグレードできます。 ソフトウェアアップデータ 効用。

ソフトウェアアップデータを介して会話をアップグレードする

Converseenをアンインストールします。

イメージプロセッサをアンインストールするには、Ubuntuソフトウェアアプリを使用するか、ターミナルで以下のコマンドを実行します。

sudo apt-get remove converseen && sudo apt-get autoremove

また、PPAは、[システム設定]->[ソフトウェアとアップデート]->[その他のソフトウェア]タブに移動して削除できます。