新しいLinuxドライバーシリーズ「NVIDIA378.09」ベータ版がリリースされました

Linux用のNVIDIAドライバーは、数日前にNVIDIA 378.08ベータ版をリリースすることにより、新しい短命の378シリーズに到達しました。

NVIDIA375.26以降の変更点は次のとおりです。

  • 次のGPUのサポートが追加されました。
    • M1200フレームワーク
    • M2200フレームワーク
  • GLSLシェーダーのマルチスレッドコンパイルを可能にするARB_parallel_shader_compile拡張機能のサポートが追加されました。
  • バーチャルリアリティヘッドマウントディスプレイ(HMD)を無視するようにXドライバーを更新しました。 詳細については、READMEの「AllowHMD」X構成オプションを参照してください。
  • ドライバーは、深度30X画面で深度ビットのないGLXFBConfigをアドバタイズします。
  • 構成されたPRIMEディスプレイを表示するためのnvidia-settingsのサポートが追加されました。 PRIMEディスプレイを有効にするには、READMEの「RandR1.4を使用したグラフィックディスプレイのオフロード」を参照してください。
  • NVIDIA EGLドライバーが、既存のlibnvidia-egl-wayland.so.1を超えて、新しいウィンドウシステムのクライアント側サポートを追加するEGL外部プラットフォームライブラリをロードできるようにするインフラストラクチャを追加しました。 詳細については、以下を参照してください。
    • https://github.com/NVIDIA/eglexternalplatform
    • https://github.com/NVIDIA/egl-wayland
  • 次のVulkan拡張機能のサポートが追加されました。
    • VK_KHR_display
    • VK_KHR_display_swapchain
  • ドライバでデフォルトでOpenGLスレッド最適化を有効にしました。 詳細については、READMEの「OpenGL環境変数設定の指定」の章の「スレッド化された最適化」セクションを参照してください。 これらの最適化は、パフォーマンスを低下させているときに自己無効になります。 結果として、パフォーマンスは多くのアプリケーションで変更されないはずであり、スレッド化された最適化の恩恵を受け、まだそれらを有効にすることを強制していないアプリケーションでは向上するはずです。
  • 古いLinuxカーネルバージョン(2.6.18など)を実行している32ビットx86システムでNVIDIAドライバーを使用するとハングするバグを修正しました。

UbuntuにNVIDIAドライバーをダウンロードしてインストールします。

公式の場合 。走る バイナリパッケージについては、以下のリンクにアクセスしてください。

NVIDIAUnixドライバー

OSタイプに一致するパッケージをダウンロードし、ファイルの[プロパティ]ウィンドウ([権限]タブ)から実行可能権限を付与し、最後にコマンドコンソールでファイルを実行することを選択します。

インストールを簡単にするために、 「グラフィックスドライバー」チームPPA 現在のすべてのUbuntuリリース用の現在のNvidiaドライバーシリーズパッケージを提供します。

ターミナル(Ctrl + Alt + T)で次のコマンドを使用してPPAを追加するだけです。

sudo add-apt-repository ppa:graphics-drivers/ppa && sudo apt update

その後、NVIDIA独自のドライバを経由してインストールできるようになります 追加のドライバー ユーティリティ(378シリーズは現在利用できません。PPAリンクを確認してください):

nvidia375.20をインストールします

トラブルシューティング:

一部のカードでは、NVIDIA独自のGPUドライバーをインストールした後に黒い画面の問題が発生する場合があります。 どちらかを試してください grubオプションでNOMODESETを設定する、またはコマンドを使用してプロプライエタリドライバを削除します。

sudo apt-get purge nvidia-current

リカバリモード-> rootプロンプトで起動するか、ログイン画面でCtrl + Alt + F1を押してコマンドコンソールを起動します。