Debianでhostsファイルを編集する方法

この記事は、Debian 10Busterシステムで/ etc / hostsファイルを編集することについてです。 しかし、最初にHostsファイルが何であるかを見てみましょう。

ホストファイルを理解する

すべてのオペレーティングシステムは、ホスト名をIPアドレスに変換するために、ホストファイルをマシン上に保持します。 ホスト名を入力してWebサイトを開くと、システムはhostsファイルを読み取り、対応するIPを確認してから開きます。 hostsファイルは、Debianのetcフォルダにある単純なテキストファイルです。

外観は次のとおりです。

私たちが述べたことから、このファイルには非常に長いIPと対応するホスト名のリストが含まれていると思われるかもしれません。 しかし、それは真実ではありません。 hostsファイルには数行しか含まれていません。

  • 最初の部分には、デフォルトで、ローカルホストとマシンのホスト名とIPアドレスが含まれています。 これは、必要な変更を加えるために通常変更する部分です。
  • 2番目の部分には、IPv6対応のホストに関する情報があり、これらの行を編集することはほとんどありません。

アドレスを入力するたびに、システムはhostsファイルの存在を確認します。 そこに存在する場合は、対応するIPに移動します。 ホスト名がhostsファイルで定義されていない場合、システムはインターネットのDNSサーバーをチェックして、対応するIPを検索し、それに応じてリダイレクトします。

Hostsファイルを編集する理由

ホストファイルを編集することで、次のようなことを実現できます。

  • Webサイトをブロックする
  • 攻撃を処理するか、いたずらを解決します
  • ローカルサーバー上の場所のエイリアスを作成する
  • DNSサーバーが提供するアドレスを上書きする
  • ネットワークトラフィックへのアクセスを制御する

Hostsファイルを編集する方法は?

/ etc / hostsにあるhostsテキストファイルはスーパーユーザーとしてのみ編集できます。 まず、DebianターミナルのVIエディタ、Nanoエディタ、geditなどのテキストエディタで開く必要があります。 次に、必要な変更を加えてファイルを保存し、これらの変更を有効にします。

まず、次のようにアプリケーションランチャー検索でターミナルを開きます。

Debianアプリケーションランチャーには、Super / Windowsキーを使用してアクセスできます。

この記事では、Nanoエディターを使用してhostsファイルを編集します。 hostsファイルを開くには、次のコマンドを入力してください。

$ sudo nano / etc / hosts

または

$ sudo gedit / etc / hosts

(gedit用)

ホストファイルを編集する

前述のように、IPアドレスとホスト名が定義されているhostsファイルの最初の部分を編集します。 hostsファイルを利用する次の2つの方法について説明します。

  • Webサイトをブロックする
  • エイリアスを介してリモートコンピュータにアクセスする

/ etc / hostsファイルを使用してWebサイトをブロックする

ローカルホストのIPまたはデフォルトルートにリダイレクトすることで、Webサイトをブロックできます。

にとって example、google.comをブロックする場合は、ファイルに次のテキストを追加できます。

127.0.0.1 www.google.com

これで、Google Webサイトを開くと、システムはホストファイルからローカルホスト(127.0.0.1)のIPを取得し、DNSサーバーからのGoogleIPの代わりにローカルホストにリダイレクトします。

また

0.0.0.0 www.google.com

これで、Google Webサイトを開くと、システムはhostsファイルからデフォルトルート(0.0.0.0)のIPを取得し、DNSサーバーからのGoogleIPではなくそのIPにリダイレクトします。

編集したファイルは次のようになります。 ctrl + Xを押してから、ファイル名プロンプトにyを入力して、変更を保存してください。

/ etc / hostsファイルを使用して特定のWebサイトをブロックする

今あなたが開こうとすると www.google.com ブラウザから、次のようなエラーメッセージが表示されます。

ウェブサイトがブロックされました

完全なアドレスを定義したことに注意してください www.google.com 最近のブラウザは、後で定義するだけでブロックを回避することがあるため、hostsファイルのホスト名google.comだけではありません。

エイリアスを介してリモートコンピュータにアクセスする

ここで、アクセスしたいローカルネットワークにサーバーがあるとします。 ローカルDNSで定義されていない限り、通常、サーバーにアクセスするにはサーバーのIPを入力する必要があります。 IPの入力を何度も繰り返すのを避ける1つの方法は、次のように、hostsファイルでサーバーにエイリアスを割り当てることです。

192.168.1.10 myserver

IPは、アクセスするサーバーの場所に対応し、myserverは使用する新しいエイリアスです。

ホストファイルを使用してサーバー名のエイリアスを定義する

ファイルを保存してアドレスバーにmyserverと入力すると、リモートサーバーにリダイレクトされます。

ホストファイルに非常に簡単な変更を加えることで、必要に応じてネットワークトラフィックをカスタマイズし、リダイレクトできることを学びました。 また、hostsファイルをデフォルトに戻すことで、ネットワーク攻撃やいたずらを取り除くこともできます。