Ubuntu16.04以降にAtomテキストエディターを簡単にインストールする方法

Atomテキストエディターは、Snapパッケージを介してUbuntu16.04以降に簡単にインストールできるようになりました。

Atomは、macOS、Linux、およびMicrosoft Windows用の無料のオープンソーステキストおよびソースコードエディターであり、Node.jsで記述されたプラグインと、GitHubによって開発された組み込みのGitControlをサポートしています。 Atomは、Webテクノロジーを使用して構築されたデスクトップアプリケーションです。 ほとんどの拡張パッケージには無料のソフトウェアライセンスがあり、コミュニティで構築および保守されています。 Atomは、ChromiumとNode.jsを使用してクロスプラットフォームのデスクトップアプリケーションを可能にするフレームワークであるElectron(旧称Atom Shell)に基づいています。 CoffeeScript以下で書かれています。 統合開発環境(IDE)としても使用できます。 アトムはから解放されました beta、バージョン1.0として、2015年6月25日。その開発者はこれを「21世紀のハッキング可能なテキストエディタ」と呼んでいます。

1.1。 UbuntuにSnapパッケージを初めてインストールする場合は、最初にコマンドを実行します(Ctrl + Alt + T)snapdデーモンをインストールするには:

sudo apt install snapd

2.2。 次に、コマンドを使用してAtomテキストエディタを簡単にインストールできます。

sudo snap install atom --classic

install-atom-snap

またはソフトウェアセンターを使用して:

atom-in-softwareapp

3.3。 (オプション)新しいリリースがリリースされたら、次のコマンドを使用して更新をインストールします。

sudo snap refresh atom

スナップアプリを初めてインストールする場合は、再起動してから、Unity Dash /スタートメニューからエディターを起動する必要があります。

起動アトム