Debianでの最後のセッションから実行中のアプリケーションを自動的に記憶する方法

特定のアプリケーションを使用してシステムで重要なタスクを実行しているときに、突然システムが休止状態になるか、他の何かが注意を必要とし、システムを休止状態にする必要がある場合があります。 このシナリオでは、実行中のアプリケーションが閉じられるため、作業が失われる可能性があります。

前回のセッションで実行していたアプリケーションをシステムに記憶させ、システムを以前の状態に復元するには、Dconfエディターがこれを実現するのに役立つ最高のツールです。 この記事では、この目的を達成するためにツールDconfEditorをインストールおよび構成する方法について説明します。

この記事に記載されているコマンドと手順を実行するためにDebian10OSを使用しました。

ステップ1:Dconfエディターをインストールする

まず、DebianOSでコマンドラインターミナルアプリケーションを開きます。 そのためには、デスクトップの左上隅にある[アクティビティ]タブに移動します。 次に、検索バーに「terminal」と入力します。 ターミナルアイコンが表示されたら、それをクリックして起動します。

ターミナルで、dconfエディターをインストールするには、次のコマンドを入力します。

$ sudo apt-get install dconf-editor

パスワードの入力を求められたら、 sudo パスワード。

しばらく時間がかかり、Dconfエディターがシステムにインストールされます。

インストールしたら、ターミナルで次のコマンドを実行して、インストールを確認し、インストールされているDconfエディターのバージョンを確認できます。

$ dconf-editor –version

ステップ2:Dconfエディターを起動する

Dconfエディターを起動するには、キーボードのスーパーキーを押して、表示される検索バーにdconfと入力します。 結果にDconfエディターが表示されたら、それをクリックして起動します。

Dconfエディターアイコン

または、コマンドラインターミナルからDconfエディターを起動することもできます。 これを行うには、次のようにターミナルでdconf-editorと入力します。

$ dconf-エディター

Dconfエディターが起動すると、次のビューが表示されます。

GNOME構成を編集する

ステップ3:DconfエディターでGnomeを構成する

Dconfエディターウィンドウから、に移動します org> gnome> gnome-session

GNOMEセッション

gnome-sessionの下に、オプションのリストが表示されます。 そこから、「自動保存セッション」の前にあるスライダーをクリックして、オンの位置に切り替えます。

セッションを自動的に保存

次回ログインしたときに、現在実行中のすべてのプログラムが自動的に復元されます。

ステップ4:休止してログインする

次に、ターミナルで次のコマンドを使用してシステムを休止状態にします。

$ systemctl suspend

ここでシステムに再度ログインすると、以前に実行していたすべてのプログラムが復元されたことがわかります。

それでおしまい! 前回のセッションから実行中のアプリケーションを自動的に復元するためにシステムが必要な場合はいつでも役立つことを願っています。